簿記検定3級のネットとペーパー(紙)試験5つの違い

 

2020年12月から簿記検定試験にネット試験が導入されました。

この変化は、ただ単に戦場がパソコンルームへ移動になっただけではありません。

 

簿記検定3級のネットとペーパー(紙)試験5つの違い

簿記3級の検定試験において、以下4つの違いが紙(ペーパー)とネット試験で違いが出ています。

 

出題問題

まず一番大きいのが出題問題に変化があったことです。

以下の表をご覧ください。

ペーパー試験 ネット試験
問1 仕訳 5問 仕訳 15問
問2 勘定記入・補助簿・適語補充 勘定記入・補助簿・適語補充
(従来の2問目と4問目)
問3 試算表 決算(紙の問5)
問4 勘定記入・補助簿・適語補充 なし
問5 決算 なし

ネット試験では実に仕訳の問題数が3倍になっています。

その一方で、紙試験で出題されていた問2・4がどっちか1つに半減。

そして紙試験の難所として知られていた問3の試算表は完全に消失したのです。

 

ネット試験になって問題が減ったか増えたかで言えば、確実に減った、と言えましょう。

 

試験時間が半減

ただし、ネット試験ではペーパー試験と比べて試験時間が半分に!

紙タイプの試験では120分試験時間が設けられていましたが、ネット試験ではその時間の半分の60分。

  • 仕訳は3倍に増える
  • 問2・4問はどちらか
  • 問3は消失

という試験内容に変化があった結果、試験時間は半分になったのです。

 

果たしてこの問題数の変化で60分の時間短縮は正しい試験時間なのでしょうか?

紙試験の問3は多めに見積もって30分。

問2・4は片方で15分ほどかかっていましたので、「問2または4」および「問3」の現象で、45分分の時間が浮いた、と言えます。

しかし、その一方で、問1の仕訳問題は3倍に増えています。

1問1分かかるとすると、ネット試験では紙試験よりも、10分仕訳問題にかかる時間が増えるはず。

つまり、この仕訳の増加と大問2つの現象を加味すると、

(大問題減少分)- (仕訳増加分)= 45 分 – 10分

= 35 分

しか、時間に変化はないはず。この試算によれば、試験時間は120分から35分を引いた85分が妥当ですが、実際には半分の60分です。

明らかに、25分足りませんよね。

したがって、これまで紙タイプの試験時間でゆったり簿記3級に挑戦してきた方は、ネット試験では時間が足りなくなるのです。

 

持ち物

そして、持ち物にも変化が出ていました。

紙試験では、

  • 電卓
  • 鉛筆またはシャープペン
  • 消しゴム
  • 時計
  • 本人確認書類

が必要でした。一方、ネット試験では

  • 電卓
  • 本人確認書類

さえあれば受けられます。

詳しくは「簿記ネット試験の持ち物」を参考にしてみてください。

支給されるもの

その理由は、現場で支給されるものにも変化が生じているためです。

紙試験では、

  • 問題用紙
  • 答案用紙
  • メモ用紙

が試験中に支給されましたよね。

一方、ネット試験では

  • ボールペン
  • 白紙のA4用紙

が支給されます。

自分の筆記用具は全く使えないのがネット試験なのです。

 

合否がわかるタイミング

そして、合否結果がわかってしまうタイミングも劇的に変わっています。

ペーパー試験の場合、テストを受験した商工会議所にもよりますが、大体受験から3週間後に合否が分かります。

テスト実施から合否発表まで3週間必要な理由は、採点する時間が必要だからに他なりません。

採点者という人が1つ1つの答案用紙に目を通するのです。

 

一方、ネット試験では、回答をパソコンが瞬時に認識し、その値からスコアをその場ではじき出してくれます。

ゆえ、ネット試験では試験終了の「2秒後」に合否結果がわかってしまうのです。

合格ならば気持ちいいですが、不合格だと気分は最悪。

受験直後にわかってしまう辛さがありますので、不合格になるとその精神的ダメージは計り知れません。

 

簿記3級のネット試験は紙試験とは全く別物

以上です。

簿記検定3級の紙試験とネット試験では、

  • 出題内容
  • 試験時間
  • 持ち物
  • 支給物
  • 合否がわかるタイミング

で変化が出ています。

これから受験する方は、ネット試験という全く別の試験が誕生した、と思っておくと良いでしょう。

個人的に戸惑ったのが、やはり試験時間の変化。

どこをどう考えても、ネット試験で60分というのは、あまりにも短すぎます。

わたしの試算では、25分、ネット試験では時間が足りません。

そのため、簿記3級のネット試験では「解くスピード」が命になってきます。

これからは受験される方は特に「試験時間の違い」にご注意ください。

 

それでは!

Ken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。