ITパスポート過去問演習 表計算問題4 (ITパスポート試験 平成28年度 秋期分)

ITパスポート試験 平成28年度 秋期分の問82に挑戦しましょう。

 

セルB2〜C8に学生の成績が科目ごとに入力されている。セルD2に計算式 “IF ( B2 ≥ 50, ‘合格’, IF ( C2 ≥ 50, ‘合格’, ‘不合格’) )” を入力し、それをセルD3〜D8に複写した。セルD3〜D8において “合格” と表示されたセルの数は幾つか。

ア  2

イ   3

ウ  4

エ   5

 

IF関数の条件分岐の理解が求められる問題です。

念のために復習しておくと、ITパスポート試験ので使われるIF関数は次のルールで使います。

IF(論理式, 式1, 式2)

 

最初の論理式がTrueの場合、前半の「式1」が発動され、逆に論理式がFalseの場合は式2が採用されるのでした。

 

さて、この問題はのIF文では二重の条件分岐になっています。

IF ( B2 ≥ 50, ‘合格’, IF ( C2 ≥ 50, ‘合格’, ‘不合格’) )

二重だろうが、三重だろうが、最初の条件分岐からひとつひとつ見ていけば問題ありません。

 

1つ目の条件分岐の論理式は「 B2 ≥ 50」。

こいつがTrueならば「合格」という文字を表示し、そうじゃなかったらもう1つ後ろの条件分岐を見ることに。

B2は山田太郎の数学スコアですよね? つまりは数学が50点以上かを判断するのが前半のIF文なのです。

 

後半の条件分岐を見てみましょう。

IF ( C2 ≥ 50, ‘合格’, ‘不合格’)

となっており、論理式は「C2 ≥ 50」。C2は英語のスコア。

英語も数学と同様に、50点以上だったら「合格」、50未満だったら不合格と表示するのです。

 

したがってこのIF文「IF ( B2 ≥ 50, ‘合格’, IF ( C2 ≥ 50, ‘合格’, ‘不合格’) )」は、

数学と英語の得点のいずれかが50点以上ならば「合格」と表示し、逆に2科目が50点未満なら「不合格」と表示するIF関数だったのです。

 

さて。

この問題で暴露されている生徒のスコアをみると、

  1. 山田
  2. 佐藤
  3. 山本
  4. 田中
  5. 小林

の5人が数学・英語のいずれかで50点以上を獲得しています。それゆえ、上記5名は合格!

残念ながら、残りの2名「鈴木」と「伊藤」は不合格になるでしょう。なぜなら、数学・英語の両科目で50点未満を取っていますから。

 

したがって、問題文で問われている合格のセル数は

  1. 山田
  2. 佐藤
  3. 山本
  4. 田中
  5. 小林

の「5つ」。

正解の選択肢は「5」の「エ」です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。