ITパスポート過去問演習 表計算問題8 (ITパスポート試験 平成29年度 春期分)

ITパスポート試験 平成29年度 春期分の問91に挑戦しましょう。

 

表計算ソフトを用いて、天気に応じた売れ行きを予測する。表は、予測する日の天気(晴れ、曇り、雨)の確率、商品ごとの天気別の売上予測額を記入したワークシートである。セルE4に商品Aの当日の売上予測額を計算する式を生入力し、それをセルE5〜E6に複写して使う。この時、セルE4に入力する適切な式はどれか。ここで、各商品の当日の売上予測額は、天気の確率と天気別の売上予測額の積を求めた後、合算した値とする。

  • ア: B2 * B4 + C2 * C4 + D2 * D4
  • イ: B$2 * B4 + C$2 * C4 + D$2 * D4
  • ウ: $B2 * B$4 + $C2 * C$4 + $D2 * D$4
  • エ: $B$2 * $B$4 + $C$2 * $C$4 + $D$2 * $D$4

 

絶対参照と相対参照の理解が求められる問題です。

求めたい「売上予想額」は、

(天気の確率)×(その天気における売上予測額)

で計算できます。

 

この「売上予想額」を天気の「晴れ」「曇り」「雨」の3パターンで算出し、すべて足し合わせると、当日の売上予測額になるはず。つまり、

(晴れの売上予想額)+ (曇りの売上予想額)+(雨の売上予想額)

という計算式になるはず。

 

E4に入る計算式だけなら、

(晴れの売上予想額)+ (曇りの売上予想額)+(雨の売上予想額)

=(晴れの確率)×(晴れの売上予測額) + (曇りの確率)×(曇りの売上予測額) +(雨の確率)×(雨の売上予測額)

= B2 * B4 + C2 * C4 + D2 * D4

でも良かったんですが、ここで考えなければならないのが複写

 

E4の計算式をそのままにせず、E5〜E6に複写して楽をしよう、という魂胆です。

この複写時に、行数は2つ下にずれることに注意。

E4の式に含まれているセルの行数は、複写に応じて同じだけずらすのか(相対参照)、もしくは、ずらさずに固定するのか(絶対参照)のどちらかを選ばねばなりません。

 

さて。

まずは天気の確率(B2・C2・D2)の相対参照・絶対参照を考えていきましょう。

これら天気の確率は、複写すると共に行を下にずらさないようにしたいですよね。

なぜなら、全商品においてそれぞれの天気の確率は変化がしないからです。

 

したがって、行数は絶対参照にしたいので、天気の確率の行番号にドルマークをつけます。

この時点で天気の確率(B2・C2・D2)の行数が絶対参照となっているイまたはエが正解。

 

今度は商品ごとの売上予測額の「絶対参照」「相対参照」を見ていきましょう。

これらの売上予測額は、複写するとともに同じだけ行数をずらしたいところです。

なぜなら、それぞれの天気における予測額は、商品A・B・Cそれぞれで金額が異なるから。

 

ゆえに、この天気別の売上予測額(B4〜D6)は行数を初相対参照にしたいですので、ドルマークはつけません。

ってことで、ドルマークを天気別の売上予測額(B4〜D6)にもつけてしまっている「エ」は誤りで、残った「イ」が正解。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。