ITパスポート過去問演習 表計算問題10 (ITパスポート試験 平成30年度 秋)

ITパスポート試験 平成30年度 秋の問80に挑戦しましょう。

 

セルD2とE2に設定した2種類の税率で、商品Aと商品Bの税込み価格を計算する。セルD4に入力する正しい計算式は $B4 * ( 1.0 + D$2 ) であるが、誤って $B4 * ( 1.0 + $D$2 ) と入力した。セルD4に入力した計算式を、セルD5、E4、及びE5に複写したとき、セルE5に表示される数値はどれか。

ア 525

イ 550

ウ 630

エ 660

 

複写した時の「絶対参照」と「相対参照」の違いへの理解が求められる問題です。

 

本来、D4に入れたい式は

$B4 * ( 1.0 + D$2 )

でしたが、ミスって

$B4 * ( 1.0 + $D$2 )

を入力してしまったとのこと。

上記2式の違いって、

D2のドルマーク($)だけですよね?

  • $B4 * ( 1.0 + D$2 )
  • $B4 * ( 1.0 + $D$2 )

誤ってDの前にも$をつけてしまったのです。

つまり、列数が絶対参照になっていて、複写しても列が動かないことがミスです。

D4の計算式を複写して、列がずれたとしても、D2の列数を絶対参照にしていると、列は動かずD2のまま。

予定では複写に伴って税率1(D2)から税率2(E2)へ移動させる予定でしたが、複写しても税率1のままになるはず。

よって、E5に表示される数値は、

$B5 * ( 1.0 + $D$2 )

を計算した結果になるはずなので、

  • B5 = 600
  • D2 = 0.05

を代入。

その結果、

$B5 * ( 1.0 + $D$2 )= 600 * ( 1.0 + 0.05 )

= 600 * 1.05

= 630

になります。

よって選択肢「ウ」が正解!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。