ITパスポート過去問演習 表計算問題5 (ITパスポート試験 令和2年度 10月分)

ITパスポート試験 令和2年度 10月分の問71に挑戦しましょう。

 

表計算ソフトを用いて、ワークシートに示す各商品の月別売り上げ額データを用いて計算を行う。セルE2に “条件付き個数 ( B2 : D2, >15000 )”を入力した後、セルE3〜E4に複写した時、セルE4に表示される値はどれか。

  • ア:0
  • イ:1
  • ウ:2
  • エ:3

 

この問題では、

  • 「条件付き個数」という関数
  • 絶対参照・相対参照
  • セル範囲の表現

への理解が求められます。

 

まずは条件付き個数の使い方から。

「条件付き個数」は、

条件付き個数(セル範囲, 検索条件)

という使い方です。

1つ目の「セル範囲」の中から、2つ目の検索条件に当てはまるセルの個数を出力してくれる関数。

問題文の条件付き個数で指定されているセル範囲は、

B2 : D2

で、この範囲のセルの中で、検索条件

>15000

つまり、15000より大きいセルの数を数えてくれってわけです。

 

 

したがって、この式を入れるE2は1が入るはず。

なぜなら、商品Aの1〜3月の売上額で、15000円より大きいのは3月の売上高(20,000)の1つだけですから。

 

さて、このE2の数式をE4に複写したとします。

その場合、条件付き個数で指定したセル範囲(B2 : D2)が複写で移動したぶんだけ動くんですね。なぜなら、セル範囲には$がついておらず、行も列も相対参照ですから。

E2からE4へは「2行下」に移動させることになるので、セル範囲(B2 : D2)も同じだけ2行下に変化させ、

B4 : D4

になるでしょう。

よって、E4に入る数式は

条件付き個数(B4 : D4, >15000)

になり、B4〜D4のセルから15000より大きいセル数を数えてくれます。

15000より大きいのは

  • C4
  • D4

の2つなので、この条件付き個数は「2」を出力するはず。

よって、選択肢の「ウ」が正解!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。