日本語教育能力検定試験の試験開始時刻と解答開始時刻の間にされること

 

日本語教育能力検定試験のスケジュールの時間割は、少々風変わり。

以下の時間割が組まれています。

 

 

科目 試験開始時刻 解答開始時刻 解答終了時刻
試験 I 9:50 10:10 11:40
試験 II 12:50 13:15 13:45
試験 III 14:25 14:40 16:40

 

そうです。

 

「解答終了時間」はまだわかります。

が、理解に苦しむのが「試験開始時刻」と「解答開始時刻」の2つの時間帯です。

いったいこれらの時間はどう違うのでしょうか??

 

受験者たちは一体、何時に集合すれば許し得てもらえるのか定かではありません。

そこで、受験経験をいかし、これら2つの時間の間に行われることを紹介します。

 

日本語教育能力検定試験の試験開始時刻と解答開始時刻の間

ズバってしまいましょう。

これら2つの時間帯の間に行われるのは次の4つのイベントです。

  1. 問題用紙配布
  2. 解答用紙配布
  3. 写真照合
  4. リスニング音量チェック

試験I〜 IIを通し、1・2に該当する「問題用紙配布」「解答用紙配布」はマストで実施されます。

それに加え、オプションとして用意されているのが後半の2つ。

試験 I では写真照合、試験 IIではリスニングの音量をチェックが入ります。

これらのイベントが終わったら、回答開始までは席で待機する流れです。

 

これらの事情を考慮し、各試験の「試験開始時刻」と「解答開始時刻」の時間長さは以下の通り。

  • 試験 I :20分
  • 試験 II :25分
  • 試験 III :15分

というわけで実質、我々が着席すべき時刻は「試験開始時刻」に他なりません。

ルール上、試験開始時刻に席に着いていなくても失格にはなりません。

がしかし、上述したように、この時間帯に「大事な儀式」が取り計らわれます。

時間をケチらず、余裕を持って会場入りしてみてください。

 

それでは!

Ken